キャッシュレス時代もこれで安心!決済代行


今さら聞けない!決済代行とは?

本格的キャッシュレス時代の到来を控えて、これまで現金決済が中心だった店舗の運営者の方もカード払いや電子マネー決済に対応する必要が出てきました。といっても個人経営の店舗がカード決済を導入するためには、カード会社の厳しい審査を受けねばならず、また複数種類のカード払いや様々な電子マネー決済に対応しなければならないため、その1社ずつと契約することはあまり現実的ではありません。そこで注目されるのが「決済代行」です。決済代行会社1社を間に入れるだけで、ほとんどのカード会社に対応することができます。

ただし決済代行会社によって対応しているカードの種類が異なる場合もありますし、コンビニ払いや後払いなどに対応できるかどうかも違ってきます。自社の扱っている商材やメインターゲットの顧客層に合わせて決済代行会社を選ぶことが大切です。

結局どこにすればいいの?

決済代行会社を選択する際のポイントは複数あります。多面的に検討して自社にとって最も有益な決済代行会社を選びます。まずは「手数料」です。扱うカードのブランドによっても異なりますが、決済代行各社の手数料を比較します。次に自社の「手間ひま」を検討します。導入にあたって負担しなければならない費用や内容も決済代行会社によって異なってきます。決済用の端末導入やその通信設備の整備など、導入する側の負担も事前に確認します。決済代行会社を利用すると、顧客が希望する大抵の支払い方法に対応することができるので、ぜひ積極的に導入したいところです。ただしどこを利用するかは自社の都合に合わせて慎重に検討する必要があります。

決済代行を利用することで、取引相手にカード番号や口座情報を渡すことなく決済が可能です。海外での買物やネット通販サイトに活躍してくれるでしょう。