一体どうなる!?大学入学共通テストの記述式問題


記述式問題には課題が残っている

大学入試で実施されているセンター試験は、2021年1月から「大学入学共通テスト」に変わります。現在は、この新テストの試行調査が行われていますが、大学入試センターの採点結果と受験者の自己採点が一致しないケースが増加しています。一致しない割合が最も高いのは、国語の記述式問題です。受験生を抱える学習塾からは、「このような状況では、生徒が自己採点の結果を信じて、二次試験で実力に合った大学に出願できない」という不安の声が上がっています。

適切な出願をするために

学習塾はこの不一致率の高さを受け止め、正答を示す際には正答条件や正答例を列挙し、採点基準のポイントを明確に提示することを求めています。塾講師にとっては、「そもそも100文字を超える長文を書かせる記述式問題を自己採点させるのは、受験生の多様性を理解していないのでは…」というのが本音だそうです。この大学入学共通テストは、大学側も不安視しています。ある国立大学の入試担当者は、「不一致率が高いと、安全志向が高まり、志望校のランクを下げて出願する受験生が増えてしまう」と予測しているのです。

大学入試センターは、正答条件に基づいて生徒が自己採点をする際に、正答の範囲をどこまで広げるかが周知できていなかったことが原因だとみています。記述式問題では受験生を混乱させないために、「文章の言い換え表現はどこまで許容されるのか」「正答の条件は何か」という採点基準をわかりやすく示す姿勢が求められています。

学習塾とは子供たちに対して学校の授業の復習や予習を行ったり、受験指導などを行う教育施設のことを意味します。